医療連携パートナー認定講座

子宮美人化計画主催の「医療連携パートナー認定講座」でお話をいたします。

こちらは、医療と連携して、女性の健康をサポートするセラピスト・ボディーワーカーを養成する講座で、医師、弁護士、薬剤師の先生方から「医療と連携するために知っておくべき知識」を学んでいきます。

私は、産婦人科における非医療者であるセラピストの立ち位置などを、事例を通して考えていきたいと思っています。


詳細やお申し込みは、子宮美人化計画さんのホームページにて。
当スクール受講生の方は、受講料が2割引になるそうです。(暗唱コードが必要ですので、私にメールして聞いてください!)
スライド1

スライド2 
スポンサーサイト

ヘッドスパとアロマセラピー

昨日は、中京商事さんからのご依頼で、美容師の方へのアロマセラピーセミナーを行いました。

参加されたのは、主にオーガニックホホバオイル(インカオイル)を使用したヘッドスパを、全国の美容師さんたちに教えていらっしゃる講師の方々。
22310422_1574004165991553_8706411510163010135_n.jpg 
当初の予定を変更して、ケーススタディによる精油のブレンディングなどより実践的なお話をしました。

女性ホルモンのお話は、活発にご質問をいただいたり、とても有意義な時間になりました。

私たちセラピストなら、月経周期を直接クライアントに伺って、卵胞期や黄体期などの周期に合わせた精油の選択などもできますが、美容師さん、特に男性美容師さんの場合、聞きづらいと思います。

その場合、エストロゲン、プロゲステロンの作用を知っておくと、見分けがつきやすいかもしれませんね。


ヘッドスパの癒しの効果は絶大ですので、そこに一歩踏み込んだ精油の選択ができると、クライアントのQOL向上により一層つながると思っています。

セミナー@福岡

IMG_1181.jpg 
もう先々週のことですが、福岡まで呼んでいただき、Aromatic Reference 精油のセミナー講師を務めました。

伺ったところ、九州でのトップクラスの美容師の方々が集まっていたとのこと。また老舗美容業界誌の出版社の社長も参加されて、今後の展開がますます楽しみになりました。

IMG_0114.jpg 
セミナー終了後。
福岡のリゾート地まで足を延ばし、そちらのリゾートホテルスパのセラピストさんにお会いしてきました。

先日おこなった、認定マタニティケアセラピスト試験では5名の合格者があり、そのうちのお一人でしたので、認定証をしっかりと授与。(思いっきり逆光・・)

1501381543954.jpg 
ついでに、そちらのガーデンでBBQをいただき、わずかな時間でしたが、リゾート気分を味わうことができました。

シャンプーは羊水にはたまらないです!

先日、白金台のANTEnNA Hair Resortさんで、美容師の方を対象にアロマセラピーの基礎セミナーを行った際のこと。


”シャンプーの成分が、子宮や羊水にたまる”

「お客様から聞かれたことのある方ー?」

と質問すると、なんと8割ほどの挙手がありました。
ここまで、一般に広まってしまっていることに、情報操作の恐怖を感じました。

IMG_0087.jpg
あえて出典のURLは書きませんが、シャンプー/子宮理論は、
シャンプーの界面活性剤の一種、ラウリル硫酸ナトリウムは分子量が小さく、頭皮から吸収されて血流やリンパに乗って、子宮に蓄積する。皮膚から吸収したものは消化や分解器官を通らないので、そのまま体に蓄積される。
・・・らしい。突っ込みどころがいっぱい。


たしかに、ラウリル硫酸ナトリウムは分子量は小さいようです。
国立医薬品食品衛生研究所によると288.4ですが、例えば真正ラベンダーの主成分である酢酸リナリルは196.29、1,8シネオールで154.24なので、精油よりは若干大きめ。

体内への経路は、経口と「経皮」と書かれています。(国際化学物質安全性ガイドより


問題は、なぜそれが子宮にたまるのか??

正常な血液の循環時間は、腕ー舌時間で10−16秒、腕ー肺時間で4−8秒で、約50−60秒で全身を循環すると言われています。(こちらでは、大循環は20秒とも書かれています)したがって、どんなに遅くても1分で「代謝・解毒の器官である肝臓」に巡ります。

どう考えても、頭皮から(ごくわずかな量の)ラウリル硫酸ナトリウム吸収されたとして、それが子宮に溜まる、という理屈には無理があります。


皮膚刺激が強いから推奨しないのは納得できるのですが、子宮や羊水にたまるから赤ちゃんに悪影響がでる!、なんていう脅し文句で否定する人には恐怖を感じます。


「頭皮のプロ」である美容師の方々からも、このような誤情報を否定していただくようにお願いしました。

とても意欲的なプロフェッショナルな方々の集まりでしたので、正しい発信をしていただけると思います。アロマセラピーについても、理解を深めていただけたようで、嬉しい限りです。
IMG_1092.jpg 


プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR