お母さんが赤ちゃんを診察する方法

ベビーマッサージを行う前に、いつもお母さんにお子さんの「診察」をするように促しています。この「診察」を習慣的に行えば、「今日は何かいつもと違うな。」と母としての五感が研ぎすまされて、病気の予防に繋がります。

診察方法は、漢方の「四診」をアレンジしたスタイルで行います。

まずは、赤ちゃんの匂いを「嗅ぐ」ようにします。
体臭、口臭、オムツの匂いなど、頭のてっぺんから足の先まで嗅いで行きます。

次に、声を「聞く」ことでチェックします。
まだ、おしゃべりをしない小さな月齢の子は、呼吸の音を聞きます。そして、お母さんが呼びかけたときの、反応も見ておきます。

ここで衣服を脱がせ、裸にします。

今度は、目で「見る」ようにします。
肌がガサガサしていないか、発疹や紅斑などはないか。変な痣ができていないか、体中を見ていきます。

最後に、「触る」ことで体調を知ります。
このときに、オイル塗布も一緒に行うと一石二鳥。どこかにタンコブができていないか、触ると痛がるところはないか、普段と違う感覚のところはないか。

ベビーマッサージを行う前に、この「嗅ぐ」「聞く」「見る」「触れる」という4つの行為を習慣付けることで、お子さんとタッチコミュニケーションを取りながら、日々の体調管理に繋がります。

スポンサーサイト

ママの心配ごとに答えられますか

今日、産婦人科でベビーマッサージのグループレッスンを行いました。
肌寒い悪天候の中、「ずっと楽しみにしていたー♪」と、皆さん集まっていただきました。

20141211_135016.jpg
かわいい・・以外の言葉が見つかりませんね。


レッスン終了後の雑談で、「うちの子、後頭部の毛が薄くなってきて、大丈夫でしょうか・・」と心配されているお母さんがいらっしゃいました。

この位の月例だと、まだ寝返りができません。ずっと、上向きで寝ているので、どうしても後頭部だけ布団に擦れて、髪が薄くなる子がいます。

よく眠る「親孝行でおりこうさんな子の印」で、寝返りするようになれば、じきに生えそろってきます。


お母さんにとって、お子さんの心配事は尽きません。
病気や体の発達に関するようなことは、専門家にお任せするとして、先の質問のような場合、いかにセラピストがお母さんを安心させる答えができるかどうかが大切です。


そんなときに役立つ本をご紹介します。
「赤ちゃん健康110番改訂版」西日本新聞トップクリエ発行

新聞紙上にお母さん達から寄せられた、ありとあらゆる質問に、日本タッチケア協会会長の橋本武夫医師が、お答えされていた連載を本にまとめたものです。病気や発達に関することだけでなく、おもちゃの選び方まで、ユーモアを交えながらお答えされています。

橋本医師の講演は、いつもご自身の頭髪をネタにされるのですが、赤ちゃんの薄毛に悩んでいるお母さんへの回答に、「お宅のお子さんはまだ今から生えてくるので、うらやましいです」と書かれていて、思わず笑ってしまいました。

マタニティブルーズ

先日、産後3日目の方のトリートメントを行っているとき、「何だか、夕方になると悲しくもないのに涙が出てくるんです」とポツリとおっしゃいました。まさに、マタニティブルーズの症状です。

出産後、子宮から胎盤がはがれおちると、それまで胎盤から分泌されていた女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンが急激に減少します。その急激なホルモン変動に起因しているもので、通常数日間で消失します。
ですから、医学的には疾患としては見なされていません。

「心でなく体が泣きたがっているから、素直に泣いちゃいましょう」と、お答えしました。

ただし、マタニティブルーズを経験した人は、産後うつの発症リスクが5倍高くなると言われています。産後うつは病気で、より深刻な症状が現れます。

産後うつのスクリーニングには、EPDSなどを各自治体が健診や新生児訪問時に行っていますが、産後のトリートメントを行うセラピストもその症状と正しい対応の仕方を学んでおく必要があります。

詳しくは産後アロマトリートメント講座でお伝えしています。



産後の骨盤メンテナンス

産後ケアにおける骨盤メンテナンスの重要性とそのニーズは、
今さら私が申し上げるまでもなく高まっています。

妊娠中から出産時、骨盤輪の恥骨結合が緩み、仙腸関節が歪むと言われています。

昨年の日本産科婦人科学会学術講演会で、浜松医大の鳴本助教が発表されましたが、
この50年で日本人女性の妊娠後期の骨盤形状が変わってきているそうです。
1960年には主流だった丸型が減少し、細長型(横幅がなくなり前後に長い)が
増えているとのこと。
また、以前多かった、横に長い扁平型の減少は歴然たるものでした。

要は、日本人女性の腰幅が細くスリムになったということです。

話が少し逸れてしまいましたが、産後アロマトリートメント講座では、
産後の骨盤ケアに対するアプローチも習得できます。

先日、骨盤の歪みが気になるという産後ママにこの手技を入れた
トリートメントを行った
ところ、1回で「−2センチ」(腸骨棘上のライン)
という結果が出てきました。


kotsuban1


ただ、どんなトリートメントもそうですが、
特に妊産婦ケアは、全ての方に100%当てはまるとは限りません。
そして、日常の抱っこや授乳、姿勢などで、元に戻ることも多々あるので、
セルフケアのアドバイスも重要になります。


【症例9】産後

【症例9】骨盤の歪みが主訴の産婦

産後 計1回 アロマトリートメント

Y様 20代後半 専業主婦 1p(経膣分娩)
*名前を含むパーソナルデータは元のデータを修正してあります

産後2ヶ月の産婦。
妊娠中、左鼠径部に子宮牽引痛が出ていたが、いまだに続いているような感じ。
ご本人曰く、骨盤周りの靭帯が延びてしまったのではないかと思っている。
妊娠前の服がキツくて、骨盤全体的な歪み・緩みを気にされている。

=============================
★1回目 産後10w

主訴: 骨盤の歪み・緩み
部位: 全身
精油: ユーカリシトロネラ・スイートマジョラム・真正ラベンダー 2%

トリートメント
初回。最初に骨盤チェック並びに測定を行う。
回旋、屈曲などのチェックと下肢の長短、高さ、角度などを確認すると、
右股関節はかなり外旋気味、左下肢長足、高さにも左右差が見られた。
伏臥位で調整を行っている間、背部のトリートメントで筋肉をほぐしていった。
骨盤周りから下肢は引き締めの手技を入れながら、左右差を調整した。

結果
下肢の長短、腸骨棘の高さなど左右差が調整され、サイズも小さくなったことから
骨盤の緩みが引き締められたことが分かった。
終了後の再チェックでご自身でも実感する。
自宅での簡単なストレッチのアドバイスと、継続しての来店をご提案した。


サイズ測定 *この結果は個人差があります
【施術前】93cm → 【施術後】91cm

kotsuban1


内容の無断複写・複製・転載などを禁止します

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR