「人は歩く生態系」Microbirthより

先日、ドゥーラ研究者でもある、筑波大学医学医療系の福澤利江子先生にお会いしに、実に30年ぶり(!)につくばまで行ってまいりました。

福澤先生の執筆されている「ドゥーラ研究室」は、学術的でありながら、人としての温かさにも溢れたコラムですので、ぜひ多くの方に読んでいただきたいと思います。

ドゥーラ研究室(チャイルドリサーチネット)

そして今さらですが、つくばエクスプレスがあんなに便利な電車だとは知りませんでした!

1469757686291.jpg 
後日、福澤先生から、先生が翻訳されたDVDをいくつか送っていただきました。

じっくり落ち着いて観たかったので、なかなか時間が作れなかったのですが、昨日ようやくすべて観ることができました。

どれも非常に興味深かったのですが、
その中の「マイクロバース(Microbirth)」というドキュメンタリー作品。


(リンク先の"Buy HD"はクリックしないでくださいね!購入してしまいますから!)

以下、自分への健忘録を兼ねてまとめます。


人の体には、自身の細胞数の10倍もの多用な微生物(細菌・真菌・ウィルス)が生息していると言われています。

微生物は、皮膚、口、鼻、膣などあらゆるところに生息していますが、中でも近年、重要視されている腸に住む、腸内フローラ(腸内細菌叢=ビフィズス菌に代表される腸内に住む細菌類)は周知の通り。
免疫系の働きや、栄養・環境化学物質の分解、将来の生活習慣病や精神疾患など、ヒトの健康に多岐に渡って関連性が取り上げられています。


抗生物質の「アンチ(抗う)バイオティクス」に対比して、「プロ(共に)バイオティクス」とも呼ばれています。

40e57b177c9ff8499f928fcd1249fcca_s.jpg 
フローラの語源はラテン語の「花(flos)」。



では、そもそも人の体に住むこれら微生物はどこから来たのでしょう。

胎児は子宮の中では無菌状態と言われています。(最新の研究では、胎盤や子宮内に少数の細菌叢の可能性も示唆されています。)


まず、分娩が近づくと、主要な細菌種が乳房と膣内に集まってきます。(これってスゴイ!)

こちらのコラム(福岡伸一教授「生命浮遊」ソトコト)によると、
妊娠後期になると膣内分泌物のうち、グリコーゲンなど糖分の濃度が増えてきます。するとそれをエサとする乳酸菌やビフィズス菌が増殖します。これらの菌は代謝産物として乳酸を生産して、膣内を酸性化します。一般的な細菌は酸性が苦手なので、分娩時に病原菌の侵入を防ぐことができるのです。
<ここまで間接引用>


赤ちゃんは、産道である膣を通るとき、口や顔や身体中に、母体の微生物をたっぷりと浴びながら進んでいき、それらを自分の腸内に取り込んでいきます。私感ですが、近年は産後直後に "産湯につける" こともしないので、それもよい影響をもたらしている気がします。


9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s.jpg 
そして次のステップとして、母体と赤ちゃんの肌と肌を合わせた授乳に続きます。

赤ちゃんの腸内に撒き散らされたばかりの微生物に、母乳が必要なものを与えていくのです。(もうスゴイスゴイ!)

母乳成分に含まれるオリゴ糖は、赤ちゃんにとって消化のしにくい、不消化性の炭水化物なので、なぜあえて母乳に含まれているのか?という疑問がありました。
しかしそれは、腸内のビフィズス菌の栄養源になることがわかりました。善玉菌がエサにして増殖することで、未熟な腸内環境を整えていくのです。



DVDでは、産道を通らない帝王切開術についても触れられていました。

ニューヨーク大学のDr. マリア・グロリア・ドミンゲス・ベッロが、
切開術の1時間前にガーゼを膣に入れて、直前に取り出したもので、赤ちゃんの顔を撫でるという方法を紹介していました。

(これは日本では一般的な手法ではないです。
もしも帝王切開で出産された方がいらしたら、こちらでは「たとえ帝王切開で生まれた場合でも、その後の環境とのやりとりで徐々に腸内の乳酸菌やビフィズス菌は増勢してくる」と書かれていますので、不安にならないでくださいね。)


帝王切開により、たくさんの命が救われるようになったことの素晴らしさ、同時に安易に帝王切開を選択することへの警告、また陣痛促進剤を使用することが、この先、生物学的にどのような影響をもたらされていくのか想像がつかない、と学者たちが論じていました。


この作品の中で、
「ヒトは歩く生態系」と言われていましたが、まさにその通りだと思いました。

とても考えることの多い、すばらしい作品でした。

スポンサーサイト

月桃の畑@沖縄

昨日まで1週間の日程で、沖縄に出張に行ってまいりました。

IMG_0817 のコピー 

招致していただいたのは、沖縄でオーガニックにこだわった精油やコスメの製造販売とスパを展開しているペタルーナさん。

現在、沖縄県の課題解決プロジェクト推進事業制度で、地元の妊産婦の女性や保育士さんをサポートする活動もされています。

研修の様子は後日、改めてご報告させていただくとして・・



沖縄の代表的な精油に「月桃(げっとう)」があります。
草葉のスッとした清涼感の中に、わずかな甘みを感じる、私も大好きな香りのひとつです。

IMG_0764 のコピー 

ペタルーナでも月桃を使った商品は人気だそう。



今回、社長の伊藤さんのご好意で、契約している月桃農園に連れて行っていただけることになりました!

那覇から南に下って、車で1時間ほど。
近くには、世界遺産に指定されている「斎場御嶽」があります。

IMG_0816 のコピー 

入り口は、のどかな南国の雰囲気です。
お店には、鮮やかな南国のフルーツがいっぱい。

IMG_0770 のコピー 

が、この先、だんだんと細い山道のようになります。

IMG_0783.jpg 

まわりを見ると木がうっそうとしていて・・
なんと、バナナまで!(三尺バナナという沖縄によくある種だそうです)

そしてようやく畑に到着しました。

IMG_0779 のコピー 

通常、月桃の背丈は、1−2mほど。
でも、この畑の月桃は、3mはあると思われます。

この辺りは、春頃、近くの海からの水蒸気が霧となって立ち込めて、葉にミネラル分などの栄養が行き渡るために発育がよいそうです。

IMG_0782 のコピー 

人と並ぶとその高さも伝わりやすいですね。
有機農業に取り組んでいる農家の新里さんと、大変お世話になったペタルーナの菊池さんと一緒に。


今回、いろいろと教えていただいた新里さんは、沖縄県農林水産部の方と協働で、沖縄の農業活性にご尽力されています。


「農業のゴールとは何か?」という問いかけに、

「よい品質のものを作る、安定して作物が取れる、有機栽培を成功させる・・」
私なら、こんな答えが出てきそうですが、新里さんは、

「消費者が健康になること。」

とおっしゃっていました。
数々の知識と、意識と、行動力が、若輩者が僭越な物言いですが、真のプロフェッショナルを感じました。


ペタルーナのフローラルウォーターは、そんな新里さんが丹精込めて作った月桃の「花」から作られています。(通常、月桃のフローラルウォーターは「葉」から作られます。)

これが月桃の花。

IMG_0778 のコピー 

花の開花はGW頃ですが、今回お邪魔した際、奇跡的に1房の花が咲いていました!

現在、我が家の冷凍庫に保管してあります。


月桃の精油は、葉から抽出されます。
100kgの葉から100mlしか採取できないそうなので、高価なのも納得です。

個人的には、今、分娩の際に使いたい精油、NO1です!

現場の声ー赤ちゃんのこと、出産のこと

昨日は、ベビーマッサージセラピスト講座を受講していただいた方に、フォローアップの勉強会をおこないました。

DSC00668 のコピー 

場所は、いつもの新宿御苑ではなく、私の勤務する神奈川の産婦人科に併設しているコミュニティ棟にて。

ここは、普段は、妊婦さんや産後ママたちの運動療法やコミュニケーションの場として使用しています。(こちらの講座もここでおこないました)



まずは、当院の助産師Sさんによる、「助産師の視点による乳児の皮膚トラブルとスキンケア」についての講義。

DSC00673 のコピー 

Sさんは、長年、大学病院に勤務されていましたが、数年前にこちらの産婦人科に移って来られた助産師の方。(実は、私とはプライベートでのライブ仲間だったりします ^ ^)

日々、たくさんの赤ちゃんに接してきている経験からのお話なので、とても説得力があります。

DSC00669 のコピー 


「脂漏性湿疹」や「アトピー性皮膚炎」などの症状も、「では、ママ達にどのようなアドバイスができるのか。」という目線でお話をしていただけたので、とても実践的でした。


これからの季節に多い、「あせも」。
搔きむしると、黄色ブドウ球菌に感染して、「とびひ」になることもあるので、赤ちゃんの爪を切るように心がけるママが多いと思うのですが、逆に深爪にすると、そこから感染してしまう恐れがあるとのこと。

赤ちゃんの場合、爪の白い部分すべてを切らずに、ちょっとだけ残した状態で、丸く切り揃えるのがよいそうです。

DSC00670 のコピー 

参加者の方々からも、普段、ママ達から質問を受ける、「夜泣き」「体重が増えない子」「母乳育児」「病院に行くタイミング」などの質問が出てきました。


ちょっと、脱線して、出産現場のお話には、皆さん興味津々。

分娩第ニ期、分娩台の上で、産婦さんが必死に息んでいるとき、実は助産師さんも、産婦さんと赤ちゃんとの必死の「せめぎ合い」が繰り広げられています。

出産経験のある方でも、この時間、助産師が何をしているかまで、冷静に見る余裕はないので、「えー!」「知らなかったー!」の声が聞こえてきました。


次に、私から、講座でお伝えしているベビーマッサージに加えて応用できるような、「免疫力アップ編」を、レクチャーしました。

DSC00676 のコピー 

これからの季節なら、ヘルパンギーナやアデノウィルスなどの感冒が流行っているとき、便秘のとき、軽い鼻風邪のとき、上のお子さんが感染症にかかってしまったときなど、「免疫力を高めたい」ときにやってほしいベビーマッサージ。

血行促進を目的とした手技が多く、要所要所のリンパ節にも触れていくので、「しこり」による健康状態のチェックもできます。

unspecified.jpeg 


そんなこんなで、1時間以上の時間オーバーとなりながら、とてもよい時間を過ごすことができたと感じています。


ベビーマッサージセラピスト講座の受講者対象には、このようなフォローアップ勉強会を不定期でおこなっていきます。





2日間の講座と4回の反復練習

先週、7月のマタニティアロマトリートメント講座が修了しました。


遠くは沖縄からのご参加、小さなお子さんを保育園に初めて預けてのご参加、産婦人科勤務の看護師セラピストの方は同僚の期待を背負ってのご参加、他にもまだまだ・・・

皆さん、

「マタニティトリートメントができるようになりたい!」

という目標のために集まってくださいました。



現実問題として、
講座に参加のための2日間が、スケジュール調整の日程としてはやっと・・、という方が多いように感じます。
したがって、当スクールのマタニティアロマトリートメント講座は、スクーリングは2日間としています。


ただし!
その後の各自、在宅での反復練習が重要になります。
どんなに覚えの良いベテランセラピストの方であっても、受講後、1ヶ月何もしなければ、ほぼ忘れます。


脳科学者の池谷裕二教授(東京大学大学院薬学系)によると、
2ヶ月の間に4回反復すれば、記憶として定着すると言われています。そのタイミングは、

1回目 受講の翌日
2回目 1回目の1週間後
3回目 2回目の2週間後
4回目 3回目の1ヶ月後
(参考:http://s-park.wao.ne.jp/archives/1962)

この法則に従うなら、この4回のタイミングに、2日間で学んだマタニティトリートメントを復習すれば、ご自身の手技として落とし込むことができるはず。

個人的には、受講後、できるだけ早い段階で(翌日から1ヶ月以内)繰り返し練習を重ねることがよいと思っています。

そして、確認のために、無料再受講制度をぜひご利用ください。


また、
・覚えることが苦手な方
・初めての場所に緊張しがちな方
・セラピスト経験の少ない方は、

実技予習講座」で事前に予習をされることもオススメです。(というか、ぜひ受講してください!)



当スクールでは、
「腰の辺りを手のひらで円を描くように・・」というような素人の方にお教えするようなレッスンはしていません。


妊娠中の方の姿勢、骨格、それに伴う筋肉を解剖学的な見地から、アプローチしていきます。

弛緩しやすい骨盤を、胎児を正しい姿勢で支持するためには、圧を加える細かな角度も重要になってきます。
むくみの多い下腿部では、腓腹筋のインナーにあるヒラメ筋にもアプローチするために、その作用から考えていきます。



マタニティトリートメントをしっかりと習得できれば、たくさんの妊婦さんに笑顔をもたらすことに貢献できます!



1467996195364.jpg1467996265796.jpg

産後ママは「たった5分」が難しい

今週、産後アロマトリートメント講座をおこないました。
今回も、東京近郊のみならず、岡山、新潟、名古屋、滋賀など、日本各地からセラピストの方々が集まっていただきました。皆さま、ありがとうございました!



この講座、
講座名は「産後アロマトリートメント講座」なのですが・・

内容は、妊娠・出産、そしてその後の育児の姿勢によって、変化した骨盤ケアに焦点を絞ってお伝えしています。(講座名を変えようかな。)


その中では、ホームケアアドバイスも重要視しています。

せっかくサロンでケアしても、自宅に帰れば、

背中を丸めて授乳して・・
腸骨で支えるように抱っこして・・

という生活になるので、当然ながらまた姿勢は戻っていくからです。


産婦人科のトリートメントルームで、骨盤ケアのトリートメントをおこなっているのですが、メニューとしてスタートさせる際に、ヨガインストラクターの方に、ホームケアとして、

「1日5分でできる骨盤にアプローチするヨガ療法」

を考案していただきました。


ところが、、

その後、実際にそのヨガを継続したかどうか、聞き取りをすると、ほとんどの方が「忙しくてできなかった」というお答えでした。


「たったの5分」が、産後のママたちとっては、見い出すことのできない時間なのです。



いくら素晴らしい療法であっても、ほとんどの方が継続できないようであれば現実的ではありません。


そこで、考えて考えた結果が、「●●しながらできる、横隔膜トレーニング法」です。
これを、こちらの講座で皆さんにお伝えしています。

なんで横隔膜??
と疑問に思われる方は、横隔膜の拮抗作用にある筋肉、共同する筋肉を思い出してください。

00f9b1e9b4676aacb310b6fec66dabeb_s.jpg 

本当は、逆腹式呼吸なども取り込みたいところですが、難易度が高くなると、産後の方には敬遠されてしまうので、「とにかく簡単で効果的なもの」を追求しました。


現在、10月の講座を受付中です。


プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR