マタニティセラピストとは

日々、マタニティトリートメントをおこなっていると、いつかそれが単なる「業務」としてこなしてしまう怖さをふと考えることがあります。


マタニティトリートメントは、これからひとりの命をこの世に送り出すための、準備期間にいる女性に対するトリートメント。

そのような方に、私たちセラピストができることは、ほんの些細なことにすぎないかもしれません。

しかし、そのほんの1滴のエッセンスが、そのクライアントやお腹の小さな命や、そのご家族、関わり合っているまわりの方々にまで、広がっていく可能性も帯びています。


「妊婦さんに寄り添う」ということは、どういうことなのか。
独りよがりの寄り添いになっていないか。


知識はクライアントに押し付けるものではなく、自分自身をジャッジするために大いに使っていきたい。

妊婦さんという括りで考えることなく、クライアント、ひとりの女性として、セラピストが判断することができる情報が知識です。

妊婦さんだからこの精油は禁忌
妊婦さんだからこの位の圧
妊婦さんだから・・・

マタニティトリートメントをするときに、陥りがちな思考。

まずは、お腹に命を持つひとりの女性として向き合う、という思考に切り替えます。
妊娠週数や初産婦・経産婦、といったジェネラルな情報に、抱えている体と心の症状、もしかしたらその奥に潜んでいるかもしれないもの、そして何よりも、何を求めて、今日、トリートメントを受けにいらしたのか。

マタニティトリートメントのコンサルテーションは、ひとつひとつ、丁寧に、大切に。



「躍動感のある仙骨」
タッチした手から伝わる小さな命の放つ大きなエネルギーを感じるたびに、マタニティトリートメントに関わることができるよろこびに感動しています。

だから、これからもずっと、「業務」なんて言葉で表すことができないと信じています。


blogfooter_201507012229029ad.jpg





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR