飲める精油の話題

先週、マタニティアロマトリートメント講座を行いました。 愛媛、岡山、愛知、千葉、東京と、全国各地から、様々な年代とご経験と、そして熱い想いを持ったセラピスト・エステティシャンの方々がお集まりいただきました。

本当にありがとうございます。

12773148_1124806754304091_939911577_o.jpg
写真に写っていないお二人、ごめんなさい!※現在は修了証は差し上げておりません。代わりに認定資格制度があります


最近、あちこちでよく話題になる「飲める精油」。
先日の講座でも、そのお話が出てきました。

私は、その精油の実際の作業工程を見ていないので、品質の良し悪しを明言できない立場であることは理解しています。
しかし、その使用方法、販売方法に、疑問を感じています。


以前受講していただいた方から伺ったお話では、

販売会(ネットワークビジネスなので、ディストリビューター的な方が人を集めて、実演販売をおこなう)にいた、妊婦さんにも飲用を勧めていたとのこと。

また、別の方から伺った話では、ディストリビューターが助産師の方で、ベビーマッサージの際に乳児の足裏に原液塗布することを勧めていたとのこと。(助産師さんは周産期の母子のプロではありますが、アロマセラピーのプロではないことは、お母さんたちには理解できないんですよね、、、「助産師さんが言ったから大丈夫」となってしまうので、そういう場では、助産師という肩書きは使わないでいただきたいと、常々思っています。)


妊婦さんや乳幼児に精油を使用するときは、使用する「メリット」と「リスク」の両面から考えていきます。
要は、リスクよりもメリットの方が断然大きければ使う、という考え方です。

仮に、その会社の謳い文句である、「高品質だから」「食用グレードだから」という理由がまかり通ると仮定します。
それでも、妊婦に精油を飲用させるメリット、乳児に原液を塗布するメリットよりも、そのリスクの方がはるかに大きい。

そもそも、飲用、原液塗布するものが、精油である必要性は何なのでしょう。


確かに、あの会社の精油は、まったく嫌味のない本当に良い香りがします。
しかし、精油は天然のものなので、本来「嫌味」があってしかるべきなんですよね。


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR