マタニティトリートメントと承諾書

教室をお借りしているロハスムーンからの眺め。

新宿御苑界隈は、
ちょっと下町のような風情もある、懐かしい香りのする街です。

20160525_173733_2016052621115323a.jpg 
先日、
受講していただいたセラピストの方から、ショッキングなお話をうかがってしまいました。


お勤めのサロンでは、
マネージャー含め、皆、マタニティトリートメントに関する知識も技術もほとんどないのに、妊婦さんをお受けしてしまっていると・・

セラピストは、マタニティトリートメントのトレーニングもなく、施術に入らされるそうです。



「とりあえず横向きで寝てもらって、足まわりのツボとか、気をつければいいから。」

「『何があってもサロンでは責任とりません』て、承諾書もらえばいいから。」

「主治医の許可があれば、問題ないから。」



「利益」を追求するあまり、「安全と責任」が軽んじられて、このようなインモラルな経営をしているのでしょうか。

そもそも、両者は天秤にかけるようなものではないはず。

でもたいへん残念ながら、このようなサロンのお話はたまに耳にすることがあります。



受講していただいたセラピストさんが、

「注意すること、禁忌事項など、ぜんぜん知らずにやっていた・・」

と、震えがきてしまったとのこと。



マタニティトリートメントには、
「足まわりのツボ」よりも、もっともっと恐れるべきことがたくさんあります。

承諾書は、サロン側もお客様にとって最善な安全に努めることで、成り立ちます。

医師の許可と、サロン(セラピスト)の責任は、まったく別のものです。



当スクールでは、医師の指導の下、
医学的な根拠に基づき、長い妊産婦への臨床経験から熟考した、安全を最優先に重んじた理論と実技をお伝えしています。



関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR