月桃の畑@沖縄

昨日まで1週間の日程で、沖縄に出張に行ってまいりました。

IMG_0817 のコピー 

招致していただいたのは、沖縄でオーガニックにこだわった精油やコスメの製造販売とスパを展開しているペタルーナさん。

現在、沖縄県の課題解決プロジェクト推進事業制度で、地元の妊産婦の女性や保育士さんをサポートする活動もされています。

研修の様子は後日、改めてご報告させていただくとして・・



沖縄の代表的な精油に「月桃(げっとう)」があります。
草葉のスッとした清涼感の中に、わずかな甘みを感じる、私も大好きな香りのひとつです。

IMG_0764 のコピー 

ペタルーナでも月桃を使った商品は人気だそう。



今回、社長の伊藤さんのご好意で、契約している月桃農園に連れて行っていただけることになりました!

那覇から南に下って、車で1時間ほど。
近くには、世界遺産に指定されている「斎場御嶽」があります。

IMG_0816 のコピー 

入り口は、のどかな南国の雰囲気です。
お店には、鮮やかな南国のフルーツがいっぱい。

IMG_0770 のコピー 

が、この先、だんだんと細い山道のようになります。

IMG_0783.jpg 

まわりを見ると木がうっそうとしていて・・
なんと、バナナまで!(三尺バナナという沖縄によくある種だそうです)

そしてようやく畑に到着しました。

IMG_0779 のコピー 

通常、月桃の背丈は、1−2mほど。
でも、この畑の月桃は、3mはあると思われます。

この辺りは、春頃、近くの海からの水蒸気が霧となって立ち込めて、葉にミネラル分などの栄養が行き渡るために発育がよいそうです。

IMG_0782 のコピー 

人と並ぶとその高さも伝わりやすいですね。
有機農業に取り組んでいる農家の新里さんと、大変お世話になったペタルーナの菊池さんと一緒に。


今回、いろいろと教えていただいた新里さんは、沖縄県農林水産部の方と協働で、沖縄の農業活性にご尽力されています。


「農業のゴールとは何か?」という問いかけに、

「よい品質のものを作る、安定して作物が取れる、有機栽培を成功させる・・」
私なら、こんな答えが出てきそうですが、新里さんは、

「消費者が健康になること。」

とおっしゃっていました。
数々の知識と、意識と、行動力が、若輩者が僭越な物言いですが、真のプロフェッショナルを感じました。


ペタルーナのフローラルウォーターは、そんな新里さんが丹精込めて作った月桃の「花」から作られています。(通常、月桃のフローラルウォーターは「葉」から作られます。)

これが月桃の花。

IMG_0778 のコピー 

花の開花はGW頃ですが、今回お邪魔した際、奇跡的に1房の花が咲いていました!

現在、我が家の冷凍庫に保管してあります。


月桃の精油は、葉から抽出されます。
100kgの葉から100mlしか採取できないそうなので、高価なのも納得です。

個人的には、今、分娩の際に使いたい精油、NO1です!

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR