妊婦への禁忌、解剖生理、寄り添い

先週、9月の「マタニティアロマトリートメント講座」を行いました。

遠くは福岡、大阪からもいらしていただき、
また再受講生もいらっしゃり、

受講生同士も、交流して刺激しあって、そして共振していくような、とてもよい時間になりました。

本当に、温かい方ばかりが集まっていただけるのが、うれしいです。

IMG_1396.jpg 
この講座では、

(1) 禁忌の判断
マタニティトリートメントが「禁忌」の妊婦さんと、有効な妊婦さんを、セラピストが判断できるようになります。母子手帳やカウンセリングなどから得る情報のポイントを理解できます。


(2) 妊婦の解剖生理を踏まえたトリートメント
そして、筋肉や骨格、血管やリンパ管など、妊娠中の解剖生理を考えた、トリートメント手技を学ぶことができます。
妊娠すると脊柱の生理的湾曲に変化が現れます。それに伴って付随する骨格筋に緊張が見られるようになります。また、静脈血、リンパ液のうっ滞も起こりやすくなります。


(3) クライアントの気持ち、感情を理解する
また、私たちセラピストがたいせつにしたい、「寄りそう」ことの意味も考えていきます。
非医療者の立場だからこそ、できるサポートがあります。



この3つをメインに学んでいきます。

セラピスト・エステティシャンとして、すでにプロフェッシェナルな方を対象としていますので(2年以上の実務経験)、受講生同士の意見・情報交換もおこなっていただいています。


受講者の方の感想は、こちらのページにありますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR