産婦人科の現場経験から学ぶ講座

私が、マタニティトリートメント講座を行うにあたって、大切にしていること。

妊娠・産後という、人間にとって、とてもエネルギッシュであり、センシティブな時期の女性の心と体に触れていくためには、「セラピストの感性」だけではなく、「医学的な観点」も重んじていく、ということをお伝えすることです。


これは、日々、産婦人科の医療現場にて、妊産婦さんのケアをさせていただいている私のベースとなる考えです。

harada2 のコピー  
おそらく、私の勤務する産婦人科のように、私たちセラピストにケアを任せていただける医療現場は、まだまだ少ないと感じています。


妊娠、分娩、産褥、産後と、周産期の女性に関わるケアをチームの一員として担っています。
セラピーが医療を補完しながら、妊産婦さんを多角的にみていきます。

そして、医師や、"多数の" 助産師の方々からのご意見を、常に伺うことができる環境にあります。
(※助産師によって考え方や捉え方が異なることがよくあるので、ひとりに偏るのではなく、多数の方に意見が聞ける環境であることも重要!)

時には、切迫早産で入院中の方のケアをしたり、なんらかの持病を持ちながら妊娠中の方のケアだったり、出産後に赤ちゃんが緊急搬送された方のケアにも携わります。


私のマタニティアロマトリートメント講座、産後アロマトリートメント講座では、このような日々の現場から得た数多くの症例・経験と、EBM(科学的根拠)に基づく観点をしっかりとセラピストの皆さんにお伝えすることが、このような類い稀な立場にいることができるセラピストの使命と思い、講座の中に盛り込んでいます。

1467996265796.jpg 
1467996195364.jpg

「産婦人科の現場経験から学ぶ」

ということには、こんな意味が込められています。


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR