2016→2017年、ありがとうございました

2016年も終わってしまいますね。

振り返ると・・・、
あれ、何したかな?、という感じではあるのですが、スケジューラーを追っていくといろいろとやっていました!

(↓唐突に、箱根の写真・笑)
IMG_0442 (1) 
まず1月に、国際メディカルセラピー研究会を立ち上げて、
4月のセミナーでは、50名のセラピスト・エステティシャンの方が集まって、「科学的思考」について考えていったり。


地方出張もいろいろと呼んでいただきました。
沖縄とか、3回目の沖縄とか、名古屋とか、また名古屋とか、鹿児島とか、近場では立川ルミネとか。


コスメブランド、ラッシュのスパでのマタニティトリートメント技術指導もワクワクしました。ラッシュのマッサージバーを使ってのマタニティトリートメントなので、基材選びから、楽しみながら指導させていただきました。
京都のラッシュにもお邪魔しましたねぇ。(しみじみ)


産婦人科クリニックさくら併設、統合医療ルームの立ち上げにも携わり、医療との連携が少しずつでも広まっていくよう、これからも自分にできることをしていこうと誓いました。


出産ドゥーラとしては、より深く広く、学術的に知識を増やすことができた年でした。
ドゥーラ研究者の筑波大学の福澤先生との出会いフォレンジック看護学会@日本福祉大学、ブログには書き忘れましたが、世界最大のドゥーラ協会DONAのデボラさんのワークショップ、そしてドゥーラの生みの親でもあるフィリス先生と浅草観光などなど。

来年はさらに深く広く・・、そして後進のドゥーラのためにも道標を刻めたらと思っています。


もちろん!
マタニティアロマトリートメント講座、産後アロマトリートメント講座、そしてベビーマッサージセラピスト講座にも、日本全国から(海外からも)学びに来ていただきました。

2016年の1年間で、述べ149人ものセラピスト、エステティシャンの方との出会いがありました。

ただ人数の多さではなく、おひとりおひとりと、末長くよい関係を保ちたいので、FBで、非公開のグループを作り、keep in touch しています。



さて、2017年の目標ですが、
・・・・・

特になし。笑


1年単位では、動かせないものが目標なのて、10年後に向けて来年も邁進していきたいと思います。


なのに、東京都の過去10年の周産期の死亡原因の1位が自死であり、他の先進国と比べて突出しているという、このゆがんだ事実。


医療、行政、地域、・・・
そして、私たちセラピストにもできることはきっとあります。


日本中に、知識と技術をしっかりと習得した、「安全と責任」を重んじたマタニティトリートメントができるセラピスト・エステティシャンが増えて、ゆとりのある妊産婦さんだけでなく、「普通の」妊産婦さんもトリートメントを受けることができる環境になるように・・


講師として私ができることを、コツコツと、時にはドラスティックに、考えていきます。
2017年も、どうぞよろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR