安全に深部にある筋肉も緩める

先週、4月の産後アロマトリートメント講座をおこないました。
日本各地からセラピストの方々がお集まりいただき、とても良い時間が共有できたと感じています。

IMG_0969 (1) 

この講座は、まずはそのクライアントの姿勢や動作から、骨盤の状態を想定して、緩めていく筋肉を考えることから始めます。

ただ、緩めると言っても、臀筋のようにオイルトリートメントで緩めやすい筋肉ばかりではなく、例えば、大腰筋のように腹部の深部にある筋肉もあります。

IMG_1509.jpg 

熟練したセラピストであれば、腹部からぐいっと触れていくこともできますが、私の講座では様々な理由から、それはおこなっていません。(一番は、安全面から!)


大腰筋はDFL(Deep Front Line)と呼ばれる筋膜で、下腿部にある後脛骨筋と繋がっています。この二つの筋肉はとても密接した関係があり、大腰筋が硬くなると、後脛骨筋も硬くなり、逆に後脛骨筋が緩めば、大腰筋も緩むことができます。

IMG_1510.jpg 

下腿部を緩ませることは、オイルトリートメントでも、安全に行うことができますよね。
(後脛骨筋の見つけ方には、ちょっとコツが要りますが、それは講座で!)


安全で、しかもオイルトリートメントの心地よさを活かした手技で、産後ママの心と体を緩ませて、整えていくことが、当スクールの産後アロマトリートメントの特徴です。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR