関連法規セミナー行いました

ブログの更新がままならず、いろいろと溜め込んでしまっていることに、反省の7月です。

もうかな〜り時間が経ってしまいましたが、弁護士の塙創平先生から教えていただく、「セラピストのための関連法規セミナー」が盛況のうちに終わりました。

IMG_1095.jpg 
まず最初、いきなりクイズから始まりました。


1、クライアントとあなたは【契約】を結んでいますか?

2、【契約】を結んでいないとすれば、あなたの行為は法律的には何でしょう?

3、【契約】を結んでいるとすれば、それはいわゆる何契約ですか?


・・・・・
答えられますでしょうか?


答えを言うと、「準委任契約」を結んでいることになります。
クライアントは、セラピストを専門家として信頼して、契約を結んだので、契約に基づく業務を履行しなければ、契約の債務不履行となるとのこと。


とても難しい響きですが、要は、

「セラピストはクライアントの信頼を裏切らないように、専門家として安心安全を提供することが役割ですよ」

という、原点に立った大切なことを法律は教えてくれているのです。



それから、参加者の方から募った事例でも、いろいろと教えていたたきました。

・「自己責任でいいから施術して!」と言い張る、禁忌のクライアントに施術をした場合
・セラピスト保険で、明示されていない部分のカバーの範囲
・チケットでドタキャンされたとき、1回分の消化とすることは問題ないのか
・・・などなど。


同意書については、私がもっともお伺いしたかっ内容をしっかりと皆さんとシェアできました。

「何があっても当サロンは責任を負いかねます」
そんな無謀な同意をさせようとしているサロンは、今一度見直しが必要です。


参加者の方もおっしゃっていましたが、セラピスト養成スクールでは、法律に関しては本当にさらりと習う程度で、教える側もどこまで理解できているのか、という現状です。

グレーゾーンと言われる私たちであるからこそ、しっかりと法律を遵守して、クライアントに向き合っていきたいと改めて思いました。


おまけ。
終了後の懇親会では、銀座千疋屋のフルーツサンドを用意しました!
IMG_1096.jpg 
実は今、福岡でのセミナー終了後、福岡空港のラウンジで書いています。
そろそろ飛行機に乗り込みます!

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR