スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安静にして」といわれた方は、なぜ禁忌?

妊娠中、「安静にして過ごしてください。」と言われる方がいます。

多くの場合は、切迫早産・切迫流産の方です。
「切迫」とは、早産(妊娠22w-36w)や流産(妊娠21w未満)になりかかった状態で、切迫の度合いにより入院安静になるか、子宮収縮を抑える薬を服用して、「自宅で安静に過ごしてください」となります。

この「安静に」のさじ加減が難しいところ。
その方の切迫の状態によっても異なるので、私たちセラピストが憶測でアドバイスはせずに、病院に聞いていただくように促します。(一般的には、外出は控える、家事は最小限にする、重いものは持たない、長風呂はしない、疲れたらすぐに横になる、というような感じだと思います)

切迫になるはっきりとした原因はわかっていないようです。

ハイリスク群としては、
  • 早産の既往症のある方
  • 喫煙
  • BMI18.5以下(やせ)
  • 長時間労働者
  • 重労働者
  • 多胎(双子、三つ子の妊娠)
などがあげられます。(日本産婦人科学会・産婦人科診療ガイドライン2014)
他にも、遺伝、体質、疲労、ストレスなども言われています。

また、多くに感染症である「絨毛膜羊膜炎」が見られて、子宮の出入口である子宮頸管が熟化(短くなる、開く)します。


さて、このような方は「トリートメント禁忌」となりますが、その理由はなぜでしょう。

「禁忌のツボを刺激してしまうかもしれないから」
「トリートメントで腰まわりが冷えてしまうかもしれないから」
「一部の精油に子宮収縮作用が含まれているから」
「トリートメントによって、子宮が収縮するから」

セラピストの方に伺うと、このようなお答えが多いです。

しかし最大の理由は、「セラピストのサロンまで出向くことがよくない」から、です。サロンまで、歩く、立つ、乗り物に座る、揺れるなどの姿勢と行動が、お腹に張りを生じて、よりいっそう熟化した子宮頸管に負担をかける懸念があります。二足歩行である人間は四つ足の動物よりも、負担がかかります。

ですから、「ツボ、冷え、精油、圧に気をつければ、トリートメントOK」という考え方は、ぜったいにしません。


禁忌の経穴(ツボ)、冷え、精油刺激と早産・流産の因果関係は、明確なエビデンスは確立されていません。しかし「研究の結果、否定された」のではなく、そもそも「エビデンスとして認められるほどの研究がされていない」から、「エビデンスが確立されていない」だけなので、刺激はしないようにします。

また、過度な強圧は、ストレスにより子宮を収縮させる危険性があります。妊娠中の強圧には「ルール」があります。


<まとめ「自宅安静」の方が禁忌の理由>
  • サロンまでの移動により、頸管に負担をかけるから。
  • 禁忌の経穴・精油による刺激、冷えが、影響するかもしれないから。
  • 誤った方法で強圧を入れることで、子宮収縮する危険性があるから。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。