症例2 妊婦

【症例2】頭痛・肩こり・不眠の妊婦

妊娠中 計3回 アロマトリートメント

H様 30代前半 パートタイム主婦 0p
*名前を含むパーソナルデータは元のデータを修正してあります

事務系のパートタイムの仕事をしながら妊娠。
慢性的な肩こりと、妊娠してからはたまに頭痛があるが、
ローリスク妊娠である

=============================
★1回目 妊娠28w

主訴: 肩こり・頭痛
部位: 全身
精油: 真正ラベンダー、ユーカリラジアータ 1%

トリートメント
初回。事務系の仕事だが、立っていることもよくあり、背中全体が張っていると感じているとのこと。
確かに背部全体の張り感強く、特に僧帽筋の過緊張感あり。
ご本人は強圧がご希望だが、この状態からのフリクションでは揉み返しが強く出るので、
まずはエフルラージュとペトリサージュで筋肉に柔軟性を戻すようにした。

結果
何年ぶりかというほど久しぶりに背部の症状が軽減されて楽になったとのこと。
鼻炎で詰まり気味だった鼻症状もすっきりし、体全体に軽さを感じた。

=============================
★2回目 妊娠35w

主訴: 不眠・頭重感
部位: 上背部、デコルテ〜ヘッド
精油: ゼラニウム、フランキンセンス、マンダリン 1%

トリートメント
仕事は産休に入った。夜、すぐに目が覚めるようになり、常に頭重感がある。貧血はないとのこと。
前回に比べて、背部の筋肉には若干の柔軟性も出てきたが、頸部の緊張が強い。
頭板状筋、頭半棘筋をストレッチ、指圧を入れながらトリートメントを入念に行った。

結果
肩から頸部のコリをほぐしたことによって、血流が促進されたことを実感される。
頭重感によって気分も落ち込み気味だったのがよくなってきた。

=============================
★3回目 妊娠40w

主訴: 不眠・不安感・全身疲労感
部位: 全身
精油: ジャスミンサンバックabs、レモン、ベルガモット 1%

トリートメント
予定日当日。前駆陣痛、お印などもなく、陣痛の兆候は見られないことに不安を感じている。
ご本人の了承を得た上で、経穴刺激を入れながらも、全体的には精神的な鎮静を図るよう
トリートメントを行った。

結果
追いつめられた焦りの気持ちで一杯だったのが、トリートメントとカウンセリングで解放された。
(それから1週間後、41wにて経膣分娩にて元気な女児出産)

内容の無断複写・複製・転載などを禁止します


---------------------------------------------------------------
マタニティトリートメント講座・スクール/東京
  Maternity Therapist School
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR