骨盤調整は、まずは緩めること

昨日は、産後アロマトリートメント講座をおこないました。
久しぶりに少人数での開講となり、おひとりおひとりとじっくりと向き合うことができた時間となりました。

奇しくも、皆さん、セラピスト経験が豊富で、自宅サロン経営の方ばかりで、いろいろとシェアできることがありました。

DSC_1569.jpg
*超不安定なカメラの位置の都合で、みんな中腰!笑


産後ケアといえば、「骨盤!」というほど、数年前からフィーチャーされています。
なにはともあれ骨盤を閉めましょう、的な情報も氾濫しています。

そして、産後のクライアントからの骨盤ケアのニーズも、そんな情報に流されて、必然的に非常に高くなります。
実際、私のいる産婦人科サロンでも、産後の骨盤ケアのコースは一番の売れ筋。

ただし、セラピストの方でしたら、骨盤は締め付ければよいというものではないことは、ご存知なはず。


産後アロマトリートメント講座では、まずは、「緩める」ということから始めていきます。
24時間休みなく育児を続けている状態で、体も心もガチガチです。
クライアントが自らの体液バランスで緩んでしまう手技を取り入れています。

そして、緩んだところから、今度は正しく引き締めていくように導きます。



関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR