最終確認講座(マタニティアロマトリートメント講座)

今週は、妊婦さんをモデルにしたマンツーマン講座、最終確認講座をおこないました。

モデルになっていただいたのは、妊婦さんであり、セラピストさんであり、以前マタニティアロマトリートメント講座を受講していただいた方でもあるので、一般の妊婦さんとはアドバイスの質が違います!
たいへん分かりやすく適切なアドバイスをいただくことができました。
(毎回、モデルさんはできるだけ、当講座受講生で、妊娠セラピストさんにお願いするようにしていますが、こればかりはお約束ができない、、ごめんなさい。)

どんなに上手なベテランセラピストの方であっても、初めて妊婦さんの施術をする際は、緊張してしまうもの。
なので、サロンのメニュー化とする前に、このようにカウンセリングからトリートメントまで、一緒に確認することはたいへんよい機会だと思います。


IMG_4178-1.jpg
あっ、私の方が妊婦の貫禄が漂っていますが、本物の妊婦さんは真ん中の方です。念のため。笑


施術中、ぽんちゃん(仮称)はぐるぐるとよく動いていたそうです。
トリートメントによって母体の血行が促進されて胎盤の絨毛間腔内に充満し、絨毛から摂取された酸素や栄養素が臍静脈に流れ込んで、お腹の赤ちゃんに行き渡ります。また母体の腹部もハリがなくなり柔軟性を帯びてくるので、運動環境が整い、マタニティトリートメントをしていると、赤ちゃんがとてもよく動くようになります。

まさに、マタニティトリートメントは、妊婦さんと赤ちゃんの二人をトリートメントしているんですね!

モデルになっていただいたセラピストさんとぽんちゃん(仮称)、ありがとうございました。
ご出産報告、楽しみにしていますー!


そして、その翌日は、7月の産後アロマトリートメント講座でした。
今回も、とても有意義な時間を皆さんでお作りいただいたことに、うれしく思っています。

こちらの講座では、産後の乳房についてのお話もしています。

先日、不衛生な「母乳」をネット購入しているというショッキングな記事がありました。
私たち、妊産婦ケアをおこなうセラピストは、そのように追いつめられた母親たちに、母乳の分泌を促すハーブティや食生活のアドバイスなどをしてさらに追い打ちをかけることないよう、「乳房」でなく「人」をケアしていきたいものです。

ちなみにですが、、
乳房に対するアプローチを特にしなくても、全身のアロマトリートメントによって母乳分泌が促進されることはよくあります。それは血行が促されることはもちろんですが、精油の快香気が大脳辺縁系を介して、プロラクチン・オキシトシンを分泌する脳下垂体にも働きかけるからという理由もあります。


次回の産後アロマトリートメント講座は、10月28日(水)です。
blogfooter_201507012229029ad.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR