aromatopia No.133 に論文が掲載

アロマトピア No133 (2015年11月発売)

〈Free Theme Article〉
産婦人科領域でのアロマセラピストの可能性
─分娩時の和痛トリートメントとその効果

213054.jpg


産婦人科でおこなっている「アロマ分娩」に関する小論をアロマセラピー専門誌「アロマトピア」に掲載していただきました。

アロマ分娩は、私たちアロマセラピストによる、医療領域以外での分娩サポートで、陣痛の痛みと不安感・恐怖心の緩和を目的としています。

135人の産婦への分娩後の調査によって、陣痛の痛みは平均で1/4へ、不安感・恐怖心は1/5まで軽減することができるという結果が見えました。


痛みと不安感・恐怖心には相関関係があります。
上手に精神的に鎮静することができれば、それは肉体的な鎮痛に繫がります。


使用している精油、実際に産婦さんが「効果的」と感じた精油についても書かれています。
アロマトピア編集長にお誉めのお言葉もいただいた、仲間と一緒に数ヶ月費やして書いた論文ですので、たくさんの方にごらんいただけたらうれしいです!


→→ アロマトピア No133


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR