メディカルアロマセラピーを考える

「メディカルアロマセラピー」という言葉を聞くようになって幾久しいですが、いまだにその定義は「ふわふわ」した曖昧なものだと感じています。あえて意地悪く表現するなら「きらきら」したもの、とも言えるでしょうか。

まず、よく勘違いされてるのが、

  • イギリス式アロマセラピーがリラクゼーションや美の追求を主目的とするアロマなら、フランス式アロマテラピーは治療を目的としたメディカルアロマである(→アロマセラピーの位置付けはフランスもイギリスも一緒)
  • メディカルアロマは飲用や原液塗布する
  • 高品質な精油はメディカルグレードと呼ばれ、一般的な精油は雑貨扱いで品質が悪い(→そもそも精油にメディカルグレードという等級はない)

これらで語ることはできないと思います。


ではメディカルアロマセラピーとは?
おそらく、「アロマセラピーをメディカル(医療的)に活用して、疾病の治療や緩和を図る療法」を指しているのでしょうか。


しかし、実際の臨床の場において、アロマセラピーで治療をおこなうことはほとんどなされていません。
なぜなら、臨床研究による有効性と安全性がまだ十分に確立されていないからです。

医療現場は目の前で苦しんでいる患者さんを治すことが求められるので、「なんとなくいいかも」という動機でアロマセラピーを第一選択にはしません。

それに加えて、精油で治療するには、「オーガニック」「100%天然」ということよりも、人工的にでも効果的で安定した有効成分が精油中に入っていることが求められます。


では、そうなると、メディカルアロマセラピーとはいったい何なのでしょう。
それは、医療に足らないことを補う、「QOLの向上を担う療法」という位置付けが最適だと思います。

ともすると、臨床の場では病気や患部ばかりに目が行き、人を見る余裕がないことがあります。

例えば産婦人科なら、切迫早産で入院中の方には、子宮収縮抑制剤を点滴して、安静にするよう行動の制限もされます。早産にならないよう治療をすることが最優先なので、それに伴う妊婦さんの精神的な苦しみや不安感などは、どうしても二の次になります。

一方、アロマセラピーでは、切迫早産の治療はできませんが、そのような苦しみを緩和すること、ホリスティックに人を見ることは得意です。

ラベンダー・アングスティフォリアに含有されるリナロール、酢酸リナリルは抗不安作用に関与する薬理作用があることはよく知られています。副交感神経を刺激し、自発脳波のα派を増加して、誘発脳波では中枢神経系を抑制して、鎮静作用をもたらすと言われています。(*1)

アロマセラピーでQOLの向上を担うことで、間接的に切迫早産の治療効果を促します。
これこそが、メディカルアロマセラピーの真価を発揮するのだと思います。


参考文献
  • 梅津豊司(2010),エッセンシャルオイルの薬理と心 フレグランスジャーナル社
  • 鳥居伸一郎(2017)脳に効く香り フレグランスジャーナル社
  • 塩田清二(2012)香りはなぜ脳に効くのか NHK出版
  • (*1)ラベンダーの香りと神経機能に関する文献的研究(http://www.kansai.ac.jp/pdf/kuhs_kiyo_06/14_br_yurugi.pdf)

1月の講座

ブログの更新が滞っているうちに、1月ももう終わろうとしていることに、びっくり。

年が明けてから、館山への出張講座に続いて、大阪へもお邪魔しました。
移動の合間のわずかな時間に、道頓堀へ寄り道。

1516509530989.jpeg

IMG_1726.jpeg
東京にはない、このグイグイ推してくるエネルギッシュな感じに圧倒されました。
今度は、ゆっくり行きたいな。


そして、新宿御苑前での、1月度のマタニティアロマトリートメント講座も、とても楽しくでもみっちりとみんなで学んでいきました。

遠くは福岡や三重から、そして埼玉率の多い(笑)セラピストさんたちが集合。

皆さんに「妊産婦ケアに対する想い」を伺っているのですが、やはりダントツは「通われているお客様が妊娠して、お断りしなければならなかったことへの、申し訳なさ、悔しさ」をあげる方が多いです。


それから、産婦人科のアロマセラピールームでは、一時期のわーわーという(笑)てんてこ舞いな日々がちょっと落ち着きました。(とは言え、当日予約は取れないことは多々あるのですが・・)

厚労省によると、月別の出生率はさほどの動向はないですが、若干、7、8、9月が高く、3月が低い傾向があるようで、関係があるのかな、と思います。

このような時期は、切迫入院中の方などのケアをする時間がしっかり取れるので、貴重でもあります。

スクリーンショット  
妊娠中の姿勢、出産方法、産後の育児による筋肉の「コリ」の状態を評価して、必要なトリートメントをおこなうことを目指します。

マタニティトリートメント出張講座@千葉館山

先週末、今年最初の出張講座で、千葉県館山市の一般社団法人日本ヒートヨガセラピスト協会様にお伺いいたしました。

開業して20年間、ずっと地元の方々に愛されているお店とスタッフの皆さん。
流行り廃りの多いこの業界で、20年という年月を重ねていくのは、きっと並々ならぬご苦労と努力があったことだと思います。

tateyama1.jpeg 
講座は、とても心地の良い空間と、お客様への愛を感じる姿勢で、有意義な学びの時間になりました。
何より、セラピストの皆さんのお人柄とチームワークがすばらしい。

ベテランのセラピストさんたちに加えて、産婦人科勤務経験の長い看護師セラピストさんもいらして、きっとこれから館山のたくさんの妊婦さんが癒されていくことでしょう。

tateyama2.jpeg 
楽しい時間と数々のお心遣いをありがとうございました。

ホント、楽しかった〜!

12月の妊産婦、ベビー関連講座

いつの間にか年の瀬になり、今年も残すところ数日となってしまいました。

IMG_1643.jpg 
12月は、

の4つの講座を行いました。
いずれの講座も、セラピストのみなさんが「これまでの思い」「これからの思い」を抱えながら受講していただき、とてもよい学びの時間になりました。

時間がちょっと経ってしまったので、写真でご報告。
IMG_1620.jpg 

IMG_1684.jpg 

IMG_1685.jpg 

また、2月に「MTS認定マタニティケアセラピスト」認定試験をおこないます。
が、ブログで募集する前に、すでに満席となってしまいました。

認定試験は、プライベート会場での受験も可能ですので、今回間に合わなかった方は、そちらで受験してください。



プロフィール

マタニティセラピストスクール

原田 香

Author:原田 香
イギリスにてITECの国際資格を取得。さらに知識を深めるために、St. Mary's University(ロンドン) などで補完代替療法を2年に渡り学びました。

イギリスと日本のサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などの医療機関で臨床を積み重ね、病院内のメディカルサロンの立ち上げ、外資系ホテルスパや自然派コスメブランドでのマタニティトリートメント導入にも携わっています。

これまで300名を超えるセラピストの方にマタニティトリートメントをお教えしてきました。リスクマネジメントを重んじ、安全を最優先にした、効果的なケアをお伝えしています。受講後に、産婦人科で活躍する方や妊産婦向けのサロンを営む方もたくさんいます。

≫ マタニティセラピストスクール

≫ Facebook

http://maternity-school.com/

検索フォーム

QRコード

QR